忍者ブログ
このブログは、自分が思った事・感じた事をうだうだ書いている内容なので、興味の無い方には時間のムダです。他を当ってくださいませ。ありがとうございました。






本日の1曲:RUNAWAY / BLUE MURDER





久々に映画ネタです。
全く観るつもりもなく興味すらなかった「シン・ゴジラ」。
最初はぜっきーのブログに観て来ましたという記事が出てたけど、その時のオレのコメントは「ゴジラよりも早くエヴァンゲリオン終わらせろよ」というモノで(笑)エヴァの監督でもある庵野さんがゴジラの映画を撮ってた事すら全然知らなかった。それくらい興味無かった訳で。

その後、2週間前にめそ子サン&taroサン夫妻とサラエボ18を開催した時に「シン・ゴジラが凄く良かったんでお薦めです!」という意外な言葉が。まず、何でこの映画観に行ったんだろう?と疑問があったけど(笑)「今まで観た邦画の中でもトップ」というくらい褒めちぎってたんで、そんなに夢中にするモノがあるんだろうか?という事で、早速観に行ってみた。タイミング的にも”予想外の大ヒット”というニュースにもなってる事だし、レイトショーで¥1300で観られるのも美味しいし。

そんな訳で近所の松竹系のシネコンへ。そしたら、コンセッションで何とゴディバのショコリキサーが売ってるじゃないかっ!?数年前に東宝系のシネコンで売ってたのを知ってたけど、いつの間にか販売終了しちゃってて、県内では家から1時間半掛けて佐野アウトレットまで行かなきゃ飲めないじゃん...とがっかりしてたのだけど、今度は家から10分足らずで好きな時に飲みに行けるぞ!と。しかし、¥650の割りには量少なめ。イクスピアリで飲んだ時は2周りくらいカップが大きかった気が...美味しいんだけど、あっという間に飲み終わってしまい、何かがっかり感が。

で、肝心の映画は噂通り面白かったけど、周りの評価が高過ぎたお陰でハードル上がってる様に気がしたなあ。期待し過ぎるとちょっと違うかも?でも、気に入りましたよ!



確かに最初のゴジラが名作扱いで、その後モスラだのキングギドラだのキングコングとまで闘わせる子供向けの内容に全く興味が持てなかったけど、今回のゴジラは最初のゴジラの内容に近いモノで現代の映像技術で蘇らせている感じがして好感が持てた。ゴジラの形態が第4まであったのも斬新だったし。最初の形態で目が死んでるゴジラ見た時は「えっ...?」と絶句したけど(笑)。

撮ってる人がエヴァの監督なんで、手法がエヴァと全く同じなのには笑った。実写で撮るとこうなるのね...的な。ゴジラがアメリカ軍の攻撃を受けて血が出るシーンや、夜の街でゴジラが火を噴いて大暴れするシーンなんかはエヴァで出て来そうな感じだし。

一番の関心事は、近年の邦画製作には欠かせないスポンサーを全く起用しないでその代わり自分の好きな様に作品を作ったという事。映画製作とは関係無い人が映画に出資してるからといって製作に余計な口を挟んで作品をダメにしてる現状が今の映画をダメにしちゃった理由だと思ってるので、今回のゴジラが大ヒット記録したお陰でこういった事が見直されると良いんだけどねえ。

キャストも良い配役だと思うけど、どー考えても石原さとみさんだけはミスマッチだったと思う。別に演技が下手とかいうんじゃなくて、とても次期大統領を狙う人には見えないというのが理由。逆に良かったのが平泉成さん演じる農林水産大臣が良い味出してたな。

あと驚いたのが、我が地元宇都宮市で大規模なロケが行なわれたとの事で、最後のエンドロールで栃木県宇都宮市の文字が出てたりしてたので気になってググったら、道路閉鎖して市街地中心部でロケが行なわれたとの事。設定は大田区だったみたい。

アメリカ版ゴジラよりもかなり低い制作費だったらしいけど、そういった事を余り感じさせない作りは見事の一言。肝心の特撮部分も邦画独特の安っぽい作りじゃなかったのも素晴らしかったし。それで大ヒットしたんだから大したモンですよ。邦画も見直しましたね!
PR
2016/08/22 (Mon) 未選択 Comment(8)
Name
Title
Text Color
URL
Comment
Password
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

無題

なんか評判良いみたいだね。
というのも、最初に勤めてた映画会社時代の先輩(かなりの映画オタクで、今は中途退職して始めたバーのマスターやってます)から届いたジャズ通信(ジャズも好きで、たまに講演してる)なるメールでも絶賛してたから、へーと思ってたところ。
その人かなり偏った作品思考の持ち主だったから、およそシン・ゴジラには興味がなさそうなタイプなんだけどな。オタクが唸る要素があったんだろうか?!
しかし、どう見ても石原さとみは大統領の器じゃない。そういうところが邦画を観たくなくなる要素でもあるんだよね。残念。
saraさん / 2016/08/24(Wed) / 編集

異質な作品

オタクを唸らせるとかは全く別問題で、スポンサーを付けずにここまで作り上げたのは結構凄い事だと思うよ。
今は何かと出資者の意見が取り入れられえて、思う様に作品が作れないお陰で映画の質が下がった訳だし。ハリウッド自体が中国系企業に媚びへつらって映画の中では中国がポジティヴなイメージで捉えられてるしね。
邦画でも、ジャニーズ使えだのアイドル使えだのという話は昔からあるけど、洋画の吹替えにまでジャニーズやAKB系、エグザイル系や漫才師が進出してきて下手でイメージと合わないモノを提供されるのは正直堪らない訳よ。これもお金が絡んでる証拠だろうし。

そういう事を拒否って独自に作り上げたのはホントに凄いと思うし、まあ内容はほぼエヴァに近いモノなんだけど(笑)これが現状を変えるモノになり得れば良いんだけど、庵野さんは知名度も実績もある人だから、無名の人にはなかなか真似出来ないのがキツいトコですなあ。

石原さとみの英語の発音が話題になってるけど(ゴジラじゃなくてガッジィラ)ネイティヴな人が聞くとどうなんだろうか?これは是非K氏に聞いてもらいたい(笑)。
K.A.E.さん / 2016/08/25(Thu) / 編集

無題

むかーし、むかし、テキサスに住む叔母の家へ遊びに行った時に、叔母が友人宅のプールサイドパーティへ連れて行ってくれて、その時アメリカ人女性が私に話しかけてくれたんですよ。
「私も日本語知ってるわよ。○○(寿司だったか忘れた)とGodzilla!!」と得意げに言ったのを(笑)今でも覚えてる。まさにその発音です。ああゴジラってここでも有名なんだなーって思ったので、印象に残ってたんでしょうね〜
石原さんはコミックをテレビドラマ化した(原作少し読んだけど設定がいい加減で呆れた)作品の絡みか、どこかの英会話スクールのイメージキャラクターしているから、"ゴジラ'とは言えないでしょうよ。
ところでシンの意味は真?新?あえてカタカナにしたのは日本語から離れるように?それが一番気になった(笑)
saraさん / 2016/08/25(Thu) / 編集

日本の代名詞?

何故かゴジラは結構有名だよね、アメリカ人には。ブルー・オイスター・カルトが「ゴジラ」という曲作ってるくらいだし、怪獣という概念が向こうには無いから珍しいモノなんだろうけど。

しかし、日本語知ってるといって寿司とゴジラって(笑)。こっちで答えるとしたらハンバーガーとスーパーマンって答える様なモンでしょ?(笑)
昔、高校生の時に英語の先生が外国人の方で、同級生が自己紹介の時にからかって「フジヤマ、ハラキリ、ゲイシャガール」と言って困惑させてたけど、ホント失礼なヤツだよなあ(苦笑)。

シン・ゴジラのシンの意味はオレもよく分からない。やっぱ、過去作との分別を計る為に付けたんじゃないかな?キングギドラやモスラと闘ってたモノとは意味合いが違うモノだしね。
K.A.E.さん / 2016/08/26(Fri) / 編集

ガッジィラ

おおっ!?
シン・ゴジラ 笑
ゴディバのショコリキサーありましたー
僕飲まなかったな~。
宇都宮の撮影は、会社への通勤途中に、早い時期から看板で報告されていて、どこだどこだと会社でも話題になっていました。観た後にチラシ?でここで撮影されてこのシーンで使いましたってあったけど、うぬうぅ・・・て感じでした 笑
宇都宮って邦画やドラマなんかでけっこう使われるんですね。
石原さとみ・・・笑
なんだったんだろう。
今考えると本当に何だったんだろう。
しかしシン・ゴジラ
ゴジラの映画を観たことがなかったので
第一形態のときは、えっ、最初ってゴジラはこんなだったのか?と、映画を観ながらアタフタしてました。
で、今までのゴジラはいったどうだったのか・・・
地球を守ってるのか
味方なのか敵なのか
どうやっていなくなったのか・・・
謎です。
今回だってあのままゴジラを放置で終わるとは思えないしな。
ちなみに僕
観た後にエヴァの人が撮った事を知りました。



ぜっきーさん / 2016/08/27(Sat) / 編集

無題

話題になってますよね~。

予告編や色んな動画で出てますが、今回ゴジラさんが吐くのは火じゃなくてレーザーっぽいやつですね(何かビルを切り倒してたし)。

そのうち民放で放送されると思いますが、実は映画館でゴジラは観た事無いんですよ。
某音楽馬鹿さん / 2016/08/27(Sat) / 編集

ロケ地多数

2~3日前の新聞の折込で何処で撮影されたって詳しく出てたよ。県庁とか使われたんだってね。
以前も「るろうに剣心」で大谷に来てたって話だし、グレイのPV撮影や「なっちゃん」のCMでオリオン通りが使われてたし、意外と多いね。まあ、野次馬する気は更々無いけど(笑)。

ゴジラの最初の形態の着ぐるみ感は、あれワザとやってるんじゃないか?と思ったよ(笑)。何かおもちゃの怪獣みたいでさ。あのままじゃなく、最終形態でカッコ良くなったは安心したけど。

ゴジラに敵味方の判断はないでしょ、普通は。キングギドラやメカゴジラの時は人間の味方みたいな扱いだったけど、あんなのが突然現れたら敵とか味方判断する前にどうやって対応するかが課題だから。で、映画の様な判断になる訳だな。
K.A.E.さん / 2016/08/29(Mon) / 編集

ゴジラ=使徒

の様な感じで捉えれば良いかと(エヴァ観てないと”使徒”が分からないかな?)。
火じゃなくてレーザーっぽいのはネタバレになるんで省略するけど、ああいうシーンが正しくエヴァはモチーフになってますね。

オレも今回初めて映画館でゴジラ観ましたけど、普通に大人が観ても楽しめる作品になってましたよ。ああいう大画面で観ると迫力が違う作品は、実際に映画館で観てるとスカっとしますね。これはゴジラに限った話じゃないですけど。
TVで放送された際には是非チェックしてみてください!
K.A.E.さん / 2016/08/29(Mon) / 編集
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]