忍者ブログ
このブログは、自分が思った事・感じた事をうだうだ書いている内容なので、興味の無い方には時間のムダです。他を当ってくださいませ。ありがとうございました。






本日の1曲:BAD REPUTATION / THIN LIZZY





内臓脂肪を落とすために変えた生活習慣で(といっても、食生活を変えただけなんだけど)結果的に体重が7kg近く落ちたので、これを機にとりあえず昼飯のおにぎり×2と夕食の湯豆腐は継続し、あとは元に戻そうかと考えてたのだけど、久々に先日の休みに間食にクッキーとか食べてたら思ったよりも身体が重く感じるので、これはやっぱ胃が小さくなったのかな?と思った。

以前はちょこちょこ小腹が空いて間食ばっかしてた結果が内臓脂肪に繋がった訳だけど、間食は意識して取らないには越した事はないので、やはり止めておいた方が無難だな。でも、久々にスーパーでお菓子コーナー見てたら新製品が美味しそうでちょっと誘惑に負けそうだ(苦笑)。

そんなスリムになったオレを見て、ぜっきーを始め色々な方から「痩せましたね~」という言葉を頂くのは良いんだけど、Y氏みたいに「やつれた」というのは些か語弊があると。痩せてやつれた様に見えるのはどちらかというと加齢によるモノだと思う。実際にもうアラフィフな訳だし、もうそういう見た目になっても仕方ない事だしね。

それに以前の仕事ではかなりの激務を背負い込んで、土日の連休でありながらも1日は殆ど身体を休めるだけにしか使えなかった事を考えると、今の3勤1休のペースは身体に非常に優しい。たまに連休もあるし、以前の悩みの種だった腰痛も今は殆どないし、寒くて冷えてヤバそうかな?と思ったら直ぐに温泉行く様にしてるので、こういうペースの方がオレには合ってるのだろうなあ。

難点は有給が殆ど取れないという事なんだけど、一応上司が繁忙期じゃない時に有給を入れてくれる様にはしてくれているのだけど、これは他の人達には不評な様だ。「指定した日に入れてくれない」とか「勝手にいきなり入れられても有難味がない」とか様々なんだけど、有給という事項がありながらも殆どが「取らせない」だの「理由を書け」だの難癖付けて取り辛くしていた今までの会社からすれば、オレ的にはまだ良心的だと。それに3日行けば1日は休みがある訳だし(状況によっては4日の場合もあるけど)そこまで拘らなくても...と思ってるんだよね。
まあ殆どの人が有給が完全に消化出来なくて溜まってた日数を破棄されてしまうという事が一番不評なんだけど、確かにこれはやっぱ買い取って貰うのが一番良いんだけどねえ...

なので、有給は突然の体調不良とか冠婚葬祭なんかの時に使うモノと考えてるので”有って無い様なモノ”と捉える様にしてるのだけど、先日同僚のOさんが目の手術の為に有給を結構多く使ってる事で先輩から嫌味言われた...という話を聞いて、この先輩の人は余りにも余裕無さすぎだろうと思った。
さすがに体調の事だけは本人にはどうしようもない事だし、本人だって出来れば手術なんかしたくないに決まってるのに、そういう事を平気で嫌味言える事がまず心無いし、普通だったら「大丈夫?」が普通なんじゃないのかね?
まあ、自分の有給取れないのを嘆くよりも人の心に寄り添えない方がよっぽど問題なんじゃないか?と思うんだけど(苦笑)。育ちの違いってやっぱ行動に表れるんだなあって改めて思うわ。
PR
2017/03/29 (Wed) 未選択 Comment(2)
Name
Title
Text Color
URL
Comment
Password
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

無題

さすがに7Kg落ちると体型に出ますよね、この年齢で痩せすぎると逆に「どこか悪いのか?」って気を使われるし。

私は有給休暇はライヴの為(笑)ですかね~、ライヴだと2か月前には日程分かるんで。
客観的に見るといい歳してアレなんですけど、良いんですよ心が若ければ・・・。
某音楽馬鹿さん / 2017/04/01(Sat) / 編集

何気ない時に

ふと顔を見ると「痩せたなあ~」となる訳で(笑)。
ただ、ウチの親みたいに理由説明して健康の為にやってるんだと言ってるのにダイエット目的だと思われて「太った方がいい」とか言われるのはホントに嫌な気分ですよ(苦笑)。早く死ねって話かよ?と。あと人の話はちゃんと聞けと(苦笑)。

有給休暇って、自分が使う目的の為にあるモノなのに、いちいち会社都合とかでどうこう言われるのはホントに心外なんですよね~。
でもライブで有給使うのって音楽聴く人にとっては別に普通の事なんじゃないですかね?あれこれ言う周り
人達には理解されなくても別に気になりませんって!
K.A.E.さん / 2017/04/07(Fri) / 編集
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]