忍者ブログ
このブログは、自分が思った事・感じた事をうだうだ書いている内容なので、興味の無い方には時間のムダです。他を当ってくださいませ。ありがとうございました。






本日の1曲:TRAGEDY / HANOI ROCKS





前回の5連休の時には、久しぶりにグランド・セフト・オートⅣを最初っからプレイして、5連休の間に全クリアをした。いやあ、相変わらず面白かった!
決して万人にお薦め出来るゲームではない事は重々承知しているけど、大人になって善悪の区別がはっきりしている人には、これもブラックユーモアとして捉えられると思うんだけどなあ...まあ色々と規制が付くのは致し方ないかと。
実は最初にプレイした時は余り馴染めなかった。PS2でのバイスシティやサン・アンドレアス辺りでは、余りリアルに感じられなくて「そんなバカな」的なコミカルな雰囲気があったのだけど、PS3になってリアルになってからは、そういうコミカル的な雰囲気が感じられず「リアルにありそう」ってな具合で余り笑えなかったのだ。

この勢いで、久しぶりに続きのGTAⅤをプレイして、暫くの間詰んでた飛行機ミッションを何とか30分以上掛けてクリアしたのを良い事に、またプレイ再開。しかし、今度はブルドーザーで戦車とトラックを蹴散らすミッションで詰んでます(苦笑)。どーしてくれようか?

そんな感じなので、久々にゲーム熱が再燃してるお陰でブログの方が疎かになってしまっているので、ここらで一つ以前から書きたかったネタを。

自己顕示欲という言葉をご存知だろうか?
自己顕示欲というのは、自分の存在を多くの人達の中で更にアピールしたいという欲望の事で、人間の三大欲(食欲・睡眠欲・性欲)に続くくらいの重要な欲望の事らしい。

だけど、いつも思うんだけど、ホントにそこまでして自分の存在をアピールしたいモノなんだろうか?今のオレなんか、会社ではなるべく地味にして目立たない事に気を遣ってるつもりなのに、どーしても目立ってるらしいのだ。
ずっと動きまわってる仕事だから、オレが近くを通ればずっと機械に付いている人達の目が向いてしまうのは仕方ないにせよ、それにしてもホントに困りモノである。
仲の良い人なら全然構わないけど、全然仲良い訳でもなくむしろ目の仇にされてる様なヤツに嫌味の一つを言われる度に嫌な思いをするなら、最初っからオレに声なんか掛けてくれるなよと。どーせ面白い事なんてお前なんぞには話さないし(笑)。

なので、わざわざ自分の存在をアピールなんかしたいとも思わないし、アピールしたトコで何かあるのか?と逆に考えてしまうオレにとっては、この欲望はどーなんだろ?と。
あ、でもブログで色々と書いてる事自体がアピールに繋がるのか?(笑)でも、これは友人達とコンタクトを取る為の一つの手段だから、アピールというのとはちょっと違うか。

でも、中には哀れなくらい自分をアピールしまくって話題の中心にいたいと考えてる様なヤツが多いのも事実。しかも若いならともかく、いい歳こいたおじさんおばさんってトコが更に哀れだ(爆)。こういう大人にならなくてホントに良かったと心から思うわ。

自分自身をアピールしたいなら、それこそ音楽をプレイして注目を浴びるとか、スポーツで良いプレイをやってのけるとか、幾らでも方法があると思うんだけどなあ。

呑み会なんかで気になる女子の隣に座って、延々自分話に講じてるのが一体何になると思ってるんだろうか?とか、社内で従業員に自分の感情論押し付けて「いいお話を聞けて良かったです」と言われる事で悦に浸ってる上の人は、ホントにそう思われてる?とマジで考えないのだろうか?...とか色々出てくるけど、自己顕示欲の強い人って基本的に相手の気持ちを考えないで発言してる人が多いから、そんな事すら考えないか...と、普通に自己完結になりそう話だな(笑)。
PR
2015/09/28 (Mon) 未選択 Comment(4)
Name
Title
Text Color
URL
Comment
Password
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

初耳です

自己顕示欲。
こんな欲があったとは。
アスリートとか、自分をアピールしないといけない立場の人には、この欲が強いほうがいいんでしょうね。
僕は今のところないかな。
けど、K.A.E.さんのように、会社で目立ってるときはあるのかもしれないな。で、睨まれると(苦笑)
ぜっきーさん / 2015/09/29(Tue) / 編集

ミュージシャンには必要

人間、誰でも自己顕示欲ってあるんじゃないでしょうか、それが度を越して大きい人とか小さい人が居るってだけで。
私もブログやってるから多少はあるんでしょうが、そもそも買ったCDを忘れない為に始めた事なんで(笑)、だから「はてなダイアリー」使ってます、あれは検索便利なんで。

たいがいコレが強い人は人気者になる一方で度を超すと人を怒らせますよね。
「俺は凄い、みんな俺を見ろ!」って典型的なミュージシャンはイングヴェイさんとかケヴィン・ダブロウさんとかで、前者はそれを言って許される実力があって誰も文句を言う人居ないですが、後者は・・・気の毒な事になっちゃいましたよね。
ミュージシャンや芸能人ってこの要素大事だとおもうんですよ、これが無いと人間国宝とまで言われながらも今一つ地味な(失礼)Y&Tのデイヴ・メニケッティさんみたいになっちゃうし。

一般社会だとこれが強い人はだいたい味方も作れるけど敵も確実に作っちゃいます。

飲み会に関してはそういう席でヒーローになる人はたいがい回りの気も知らずに誘いまくりますよね、たいがいにしろ・・・と。
私は酒は好きなんだけどみんなでわいわい騒いで飲むのが嫌いなんで「誘うな」オーラを全身から出してても言ってくる事がありますし、いくら飲んでも酔って撃沈しないんでみんながツブれたときや酔っ払いの相手が(自分も相当飲んでても)キツいし。
途中ですーっと帰っても誰も気付かないというステルス性持ってるんで、よっぽどの時は途中で帰りますけどね、二次会なんて行った事ないし。
某音楽馬鹿さん / 2015/09/30(Wed) / 編集

そのとおり

自分をアピールしないといけない立場...って、ぜっきーもそろそろ自分をアピールしないといけない立場になる訳だから、こういう感覚を少し持った方が良いかもね(笑)。

あと、これは自己顕示欲とはちょっと違うけど、TVに結構出てるから色々と目立ってる訳じゃない?
そこで”花嫁募集中”とテロップまで入れられるまでに至る訳だから、自分でアピールしなくともある意味オイシイ役回りなのかも(笑)。
K.A.E.さん / 2015/10/01(Thu) / 編集

良い例えです(笑)

そうそう、ミュージシャンでの例えは分かりやすいですよね。特にインギー(笑)。アクセル・ローズなんかもそうだし、最近のキース・リチャーズなんかもそうかも。70~80年代辺りはミック・ジャガーの方が目立ちまくりだったけど、最近はキースの方が表に出てくるし。しかも、いつの間にか自身のドキュメント映画なんか公開されるみたいだし。

ミュージシャンは目立ってナンボ...のトコがあるから、こういう欲望は持ってないと埋もれちゃいますよね。だから、地味な人はこういう人をフロントマンに持ってるバンドにいると意外とラクかも(笑)。クイーンのジョン・ディーコンなんかはこれに当て嵌まりますよね。
だけど、そいつと一緒だと余計な事に巻き込まれそうだから、付き合うのは難しそう(苦笑)。レイチェル・ボランなんかいつも損な役回りだから、未だにバズと仲直りしないし(爆)。
そう思うと、ロリー・ギャラガーはホントに稀だったんだなあと思いますね。

某音サンの呑み方ってちょっと意外でしたね。まあ、本当の酒飲みって事なんでしょうけど(笑)。
ワイワイガヤガヤな雰囲気も含めて呑み会が好きって人と、一人でチビチビ呑んでるだけでハッピーって人と結構分かれますしね。
しかし、呑み会途中退席のステルス機能をお持ちとは(笑)。

オレ自身は呑めないけど、呑み会の雰囲気自体は割りと好きですよ。だけど、やたら絡んで来るヤツとかは某音サンと同じく苦手。要はポジティヴな雰囲気だったらOKって事だけど、こればかりは人によって感覚が違うから一概には言えないから、敢えて会社の呑み会には絶対に顔出さない(笑)。その方が確実ですし。
だから、いつもポジティヴな雰囲気でどんな話題でも話せるsaraサンやぜっきー、めそ子サンやtaroサンとはシラフでも何時間でずっと語っていられる訳ですよ(笑)。

某音サンとも実際に会ったら、まず会話が途切れる事はないだろうと豪語出来ますね(爆)。もう何年も音楽話してますし、先日のうどん話だけでもあれだけ語れる訳ですしね(笑)。

でも、オレも音楽版ブログで書いてるのは、あれだけCD持ってて何も書かないのも何だかなあ~って事で、自分の感想文の為に書き始めた訳だし、この雑談版にしても自分の思った事や感じた事をブログに書いて、後に見直してこういう事もあったなあ~と懐かしむ日記感覚でもある訳で、確かに多少は自己顕示欲はあるんだろうなと。
要は、それが過剰になると色々と危ないよ...と言う訳ですな(笑)。
K.A.E.さん / 2015/10/02(Fri) / 編集
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]