忍者ブログ
このブログは、自分が思った事・感じた事をうだうだ書いている内容なので、興味の無い方には時間のムダです。他を当ってくださいませ。ありがとうございました。






本日の1曲:SUMMER / NUCLEAR VALDEZ





ドラクエ11が楽しすぎてブログが書けません(言い訳)。気が付けば10日以上もほったらかしではないか!?

毎日飽きもせずにドラクエプレイに没頭するあまり、他の事を何もやってない事に気付いて、古くなった掃除機や壊れた電気ポットなどを市の清掃局に持って行ったり、休日にしか出来ない事をやってるつもりではいるけどやっぱ大した事はやってないんだよなあ(苦笑)。まあ、毎日暑いからバテてるのも原因なんだろうけど。

そんな毎日だけど、他の趣味である音楽や映画の方も最近は疎かになっており、音楽は通勤時や休憩時に聴いてるからそれほどでもないけど、映画に関しては先月観に行った「ジョン・ウィック・チャプター2」以来、とんとご無沙汰である。

観たいモノもあるにはあるのだけど、東京では上映されていても地元のシネコンでは上映されてなかったり、レンタル屋の方は最近THUTAYAの品揃えにはちょっと閉口気味。確かにNETFLIXやHU-LUみたいなオンラインで手軽に見られるモノが出てきてしまった以上、レンタルの未来は余り明るくないのは仕方ないけど、だからといって観たいモノが無いのは致命傷かと。

しかも準新作がえらく長い期間に設定されてたりするので、旧作扱いになる時にはその映画の存在すら忘れている事も多かったりするし、いざ旧作になっても肝心のソフトが無い状況も多々あるし。さっき久々にTHUTAYAへ行ってチェックしたら、観たかった「サウスポー」が置いてない。とっくに旧作になってると思ったらこれですよ...仕方ないんで、もう一つ観たかった「クリムゾン・ピーク」を借りてきたからまだ救われたけど。

で、この「クリムゾン・ピーク」。久々のギレルモ・デル・トロ作品って事で大変楽しみにしてたんだけど、実際観たら何か消化不良な感覚が残った。幽霊をテーマにしてるのは事前に知ってたんだけど、もっとサスペンス的なホラーものなのかな?と思ったら、ゴシック・ロマンスみたいな流れで期待してたのとは違うモノだった。



幽霊をテーマにしたのはこれまでにも「永遠のこどもたち」とか過去にもあったので、そーなるとそれ以上のモノを期待するのは当然なんだけど、残念ながら「永遠のこどもたち」の方が好きだな。ギレルモ・デル・トロ自身が知名度が上がったお陰で、当時よりもお金が掛かっていて美術など凄くゴージャスだしCGもバリバリ使ってるのに、肝心の内容がコレではちょっとなあ...

ま、単に自分の好みとはちょっと違うって事で、次の作品に期待ってトコかな。
でも、たまに映画をじっくり観ると気分が落ち着くというかゆったりした気分になれるのが良いなあ。ドラクエばっかプレイするんじゃなくて、こういう時間も少しづつ作らなければイカンねえ...

PR
2017/08/13 (Sun) 未選択 Comment(0)
Name
Title
Text Color
URL
Comment
Password
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]