忍者ブログ
このブログは、自分が思った事・感じた事をうだうだ書いている内容なので、興味の無い方には時間のムダです。他を当ってくださいませ。ありがとうございました。






本日の1曲:OCEAN CLOUD / MARILLION





昨年、約23年振りに来日公演を行なって「ライブが観たい!」というオレの長年の願いがやっと叶ったマリリオンが、今度は約11ヶ月振りに(笑)再来日公演という異例の早さに驚いたモノだけど、今まで色んなミュージシャンのライブを観てきた中でも素直に感動し心を揺さぶられたライブは稀だったので、勿論今回も2日間行く事に決めた。

チケット代が前回よりも¥1000値上げになってしまったけど、今回はプロジェクション&ライティングを本国から持ってくるらしく、より完成度の高い演出になるのなら致し方ない。それよりも前回のライブリポートに書いた様に、彼等にはまだまだライブで聴きたい曲が沢山あるので、出来れば今回のライブで少しでも多く聴ければ...という思いの方が強かった。しかも今回は土日という条件で、彼等が欧州で随時開催しているマリリオン・ウィークエンドを(規模を小さいけど)ここ日本で演ってくれるとの事で期待はますます高くなった。

で、いよいよ15日(土)がやってきた。
この日は最前列(クロスさん、マジで感謝だわ!)。ほぼ定刻通りにスタートするもSEが長くて随分と引っ張る。???って思ってると「SPLINTERING HEART」の前奏がジワジワ響く。スティーヴ・ホガース(Mr.h)のVoが聴こえるけど姿が見えない...と思ってると、観客の視線が何故か後ろに集中してる。そう、会場脇の一般入場口から普通に現れて歌ってるではないか!オレはちょうど真後ろだったんで、Mr.hに気付かずに他のメンバーが出てきておお~って拍手してたけど(笑)意表を突くサプライズの割りには拍子抜け(爆)。

そんなサプライズからスタート。事前に行なわれた大阪公演の方のセトリをチェックしてたんだけど、大阪は前回行ってないからまた違う曲順になってるのか?と思いながら観てると、まず最初に驚いたのが「WHITE PAPER」の時のバックスクリーンに日本語で”美”という言葉が出たらしく(最前列なんで映像は殆ど観てなかった)MCの時に観客の一人が「日本語で”美しい”って入れてくれてありがとう!」みたいな事を日本語で叫んでて(笑)それをMr.hがコミカルに返すと、いきなりスティーヴ・ロザリーが「BEAUTIFUL」の前奏を奏でたのにはビックリ!大好きだけど、この曲が演奏されるとは思わなかったんで本気で驚いたなあ。観客もちょっと動揺したみたいだったし。

他にも私の大好きな「SEASONS END」や「THE PARTY」、アルバム「BRAVE」のハイライトでもある「GREAT ESCAPE」など大阪でもプレイされてたので演ってくれたのは素直に嬉しかったけど、二度目のサプライズは約18分ある大作「OCEAN CLOUD」。コレもまさか演奏するとは思ってなかったんで、イントロ聴いた時は全身鳥肌状態で心のざわつきが止まらなかった。もう涙腺も崩壊しそうだったし。

観客の反応も昨年の時よりも大分大きかったと思うし、特に演奏終わっても拍手が鳴り止まなかった反応をメンバー達もニコニコしながら見てるサマは客としても素直に嬉しかったけど、それよりもバンドの熱演という言葉が正にピッタリの圧巻のステージだったので、素直に評価に値するモノかと。

で、サプライズは最後にも訪れた。二度目のアンコールに応えたバンドが演奏したのは何と1stアルバムからの「GARDEN PARTY」。フィッシュ期の代表曲でもある曲をMr.hが持ち歌の様に楽しそうに歌ってハジけてる姿に観客も盛り上がらない訳がない。Mr.hが最前列の片っ端から握手してきて、勿論オレも握手してもらいましたよ!(笑)

と思いきや、アンコールの時に最前列の真ん中で座って全く盛り上がってないヤツが一人。帰宅して某巨大掲示板見てたら、もう一人最初から最後まで座って盛り上がってない人がいたみたいだけど、こういうのは何か興醒めするんだよねえ。まあチケット買ったヤツが何しようが勝手だけど、興味ないなら誰かとそのチケット交換してやれよ...と思う。バンドにも失礼だよなあ。

という訳でチッタ公演初日のセットリストはこちら。


SPLINTERING HEART
QUARTZ
THE PARTY
WHITE PAPER
BEAUTIFUL
SEASONS END
REAL TEARS FOR SALE
THE LEAVERS : ⅰ WAKE UP IN MUSIC
THE LEAVERS : ⅱ THE REMAINERS
THE LEAVERS : ⅲ VAPOUR TRAILS IN THE SKY
THE LEAVERS : ⅳ THE JUMBLE OF DAYS
THE LEAVERS : ⅴ ONE TONIGHT
OCEAN CLOUD
MAD
AFRAID OF SUNLIGHT
GREAT ESCAPE

-ENCORE-
EL DORADO : i LONG-SHADOWED SUN
EL DORADO :ⅱ THE GOLD
EL DORADO : ⅲ DEMOLISHED LIVES
EL DORADO : ⅳ F E A R
EL DORADO : ⅴ THE GRANDCHILDREN OF APES

-ENCORE-
GARDEN PARTY


といった感じなんだけど、今回もまた初日に「EASTER」はなし。意外なトコではアルバム「HAPPINESS IS THE ROAD」のVol.2に収録されている「REAL TEARS FOR SALE」かな。「QUARTZ」は大阪でもプレイされてたんで意外じゃなかったけど、スタジオ盤で聴くと結構地味な曲なのにライブだと意外とメリハリがあって面白い曲に感じたな。
こうして見ると昨年と被ってる曲が少なく、バンド側がちゃんとセットリストが考えられているんだなと思った。これはファンとしては凄く嬉しい!サンダーもこのくらい斜め上を行った選曲してくれれば文句なかったのに...(苦笑)

組曲である「LEAVERS」「EL DORADO」はアルバムでも強烈なインパクトなんで聴き応えあるんだけど、初日に組曲2つと大作「OCEAN CLOUD」がプレイされたので明日はどれか一つ削られるんだろうな。
まあ、ここで予想してもしょうがないんだけど(笑)オレ的に演奏して欲しい楽曲を挙げると

SOUNDS THAT CAN'T BE MADE
POUR MY LOVE
THANKYOU WHOEVER YOU ARE
SOMEWHERE ELSE
GENIE
GO!
GAZPACHO
KING
RUNAWAY
ALONE AGAIN IN THE LAP OF LUXURY
KAYLEIGH
LAVENDER

勿論「EASTER」も聴きたいけど、ホントに彼等の曲は聴きたいモノが多いのでキリがないんだよなあ(苦笑)。前回の「GAZA」にはマジで驚かされたけど、今回も初日でこれだけ驚かされたんだから、明日もまた驚かされそうな予感(笑)。
...さて、この中から明日プレイされる曲は入っているだろうか?
PR
2018/09/16 (Sun) 未選択 Comment(0)
Name
Title
Text Color
URL
Comment
Password
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]