忍者ブログ
このブログは、自分が思った事・感じた事をうだうだ書いている内容なので、興味の無い方には時間のムダです。他を当ってくださいませ。ありがとうございました。






本日の1曲:PIANO LESSONS / PORCUPINE TREE





今日は、ホントに久しぶりに地元のバンドのライブを観に行って来た。
ここにもサラエボ18絡みでちょこちょこ登場するtaroサン自身のバンド:ASTRAの初お目見えライブで、以前からお誘いを受けてたので約20年振りに地元のライブハウス:ハードロックハウスへ。

ハードロックハウスは、場所は凄く分かりやすいトコにあるのだけど、如何せん駐車場入るのに結構面倒な場所で、店舗の周りを3周してようやく入れた(苦笑)。20年くらい前に来た時はこんな感じだったっけな?と思ったけど。因みに前回来た時はコピーバンドのライブでジミヘンのコピバンや、クイーンのコピバン:KWEEN(解散しちゃったんだよなあ)観たんだっけな。

taroサンのライブは地元から離れた県南の街での公園ライブ(幾つものバンドが公園内にある施設の中でプレイする)で初めて拝見したのだけど、以前から話に聞いていたとおりギタープレイは凄く巧い!の一言で、オリジナル曲を次々とプレイしてる姿は場数を踏んでるだけあってさすがだなあ~との印象だった。

事ある毎にサラエボ18で色んな話で盛り上がっているので、その際にtaroサンが自作のデモをUSBに落としてくれて何度も色々と聴かせてもらってるのだけど、ハードロックという基本的な枠組みの中でも実に多彩なスタイルを提示しているので毎回楽しみにさせてもらっている。
その中でも異質な部類に入る、アコギを基本としたトラッドフォーク的なノリの楽曲「眠りの森」が結構お気に入りなんだけど、その曲のボーカルを務めているRIEサンにも今回初めてお会い出来た。唐突過ぎて驚いたんだけど、めそ子サンに紹介された時直ぐにピンと来て「是非ライブ演ってくださいよ」と、早速お願いしてきた(笑)。

ASTRAは2番手だったので、最初のバンドをまったりしながら聴いてたら、何気にこのバンドも上手かった。曲調としてはちょっと小洒落たAORっぽい雰囲気を持つ女性ボーカルもので、このテの音にしては随分バックの音がデカいなあと思ったけど、それはライブハウス特有のモノだからかな?

そしてASTRAの出番。デジカメ持ってきたんで前の方へ移動して聴いてたんだけど、何か音が変な感じで驚いた。ラウド過ぎるのもあったんだろうけど、バックの音が引っ込んでてボーカルだけが浮き上がってるので「???」ってな感じだったんだけど、2曲目から改善されたみたいでその後は問題なく十分楽しめた。スラッシュメタルっぽい曲や以前USBで聴かせてくれた「ASTRA」など、短い持ち時間でも色々なスタイル入れてあっと言う間に終わってしまったのは上手い構成だなあと。個人的には最後の2曲が気に入りましたね。



しかし、足でリズム取りながら写真撮るのはいただけないな...と反省(苦笑)。ウチに帰ってきて写真チェックしたら数枚ブレてたのは絶対にこのお陰かと。ブレ防止機能が付いてるデジカメでも限度があるという事か(笑)。ステージが狭いんで似た様なカットが多くなるのは仕方ないけど、もうちょっと上手く出来ないモノか...と、次回の課題としよう。

友人のライブだからって別にヨイショしてる訳でもないのだけど、ハードロック好きな人ならニヤリとさせる部分が多いのが面白いんですよ。特にギタリストだと弾きまくって自己満足に陥ってしまうバンドが多いけど、taroサンはその辺はきちんと理解していて歌をメインに持って来てるのは凄く聴き易いと改めて思ったな。

終了後に耳がキンキンしてたけど(苦笑)心地良い気分で帰路に着いた。taroサン、また是非ともライブ演ってくださいね~。出来ればアコギユニットの方も(笑)。
PR
2017/07/24 (Mon) 未選択 Comment(4)
Name
Title
Text Color
URL
Comment
Password
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

ありがとうございます!

23日はお越しいただいて本当にありがとうございました!
しかもこんなレポまでつけてくれて!
いやー、本当にありがたいです!

基本的に歌物をやっているという意識でいるのでそこをメインにしていると言ってくれると本当に嬉しいです。
作曲者がギタリストだと聴き手を置いてきぼりにしてしまいがちですが、そうはなりたくないので気をつけてます。

俺は速弾きもタッピングも使いますけどそういうものをプレイするときも意識を聴き手に向けてるんです。
どんな一瞬も「弾く」ではなく「聴かせる」って気持ちでいるだけで何かが違う気がするんですよね。違ってて欲しいwww。
もう少し正確に言うと聴かせるテクニックとでも言ったら良いでしょうか。

これがこの面子での初ライブだし個人的にはまだまだ改善点(伸びしろと言いたい)もあるんですがまあまあ良かったと思います。

もっとレパートリーを増やしてお客さんが楽しめる曲だけでなく感動出来るような曲も演奏していきたいですね。

本当にお客さんとメンバーに感謝です!
見に来て得したなぁと思えるようなライブをこれから出来るようにして行きたいですね!

またサラエボしましょう!
taroさん / 2017/07/26(Wed) / URL 編集

お疲れさまでした!

数年前から常々言ってた「ライブ演ってくださいよ~」がようやく実現したので、オレも嬉しかったですよ!そういうお誘いがあったら勿論行くに決まってるじゃないですか(笑)。

taroサンは作曲してるギタリストだから、ギターソロは見せ場とばかり弾きまくるのかな?と思いきや、思ってたよりも抑えてた印象がありましたね。ツインギター編成だとは思ってなかったんで、もう片方のギタリストの方にも上手くギターパートを分けてるんだなあ...と見ながら思ってましたよ。

オレの知り合いのギタリストの方も自分で作曲する方なんですが、やっぱテクニカルの方に進みがちなんですよね。本人がそういう意識でやってるのだから問題ないし、オレもギターソロはカッコイイと思うんですが、HRを知らない一般客だと「凄い」だけで終わっちゃう感覚なんだろうなあ...とは思います。まあ、それ以前にボーカルがデス声なんで客を選ぶバンドなんですけど(苦笑)。

最後の曲なんて、今までのtaroサンのスタイルとは幾分違う感じでしたのでちょっと驚きましたけど、あーいうノリの良い曲で締めるのは観てる側も楽しめたし、何よりバンドが楽しんでプレイしてるのが伝わって来ましたね。是非、これからも定期的にライブ演ってください!楽しみにしてますよ~。

まだまだ語りたい事があるので、それは次回のサラエボ18にて!!
K.A.E.さん / 2017/07/26(Wed) / 編集

無題

ライヴお疲れ様です。

こういう地元のバンドってまた観に行きたいとは思ってるんですが、四国は開催数が少ないのとまた最近首の調子が悪くて、ライヴ本数を減らしてます。

そういえばXジャパンのヨシキさんがこの前「ヘドバンは体に良くない」ってインタビューで言ってて思わず笑いましたが(いや笑えんって)、確かにそうなんで最近はヘドバンやってません。
某音楽馬鹿さん / 2017/08/02(Wed) / 編集

無題

最近はライブに行ってもヘドバンは所々しかやらないですね。まあそれ以前にそういうライブに余り行ってませんけど(苦笑)。
確かに年齢と共に身体も衰えていく訳だし、無理してヘドバンかます事も必要ないですしね。
1月のワイハの時にも、客層が高いから昔みたいにクラウドとかの客が全くいなかったし(クラウドとダイブはジンジャーが禁止宣言してるからだけど)普通にノッてる客自体が少なかったのは軽くショックでしたね。

有名無名問わずバンドを観るのは好きなんですが、ライブ情報とかなかなか入手しずらいのが難点ですね。特に夜勤やってると時間帯の関係もありますし...困ったモンです。
K.A.E.さん / 2017/08/11(Fri) / 編集
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]