忍者ブログ
このブログは、自分が思った事・感じた事をうだうだ書いている内容なので、興味の無い方には時間のムダです。他を当ってくださいませ。ありがとうございました。






本日の1曲:ADVICE FOR THE YOUNG AT HEART / TEARS FOR FEARS





ドラクエ面白過ぎて眠れません~!(お約束)

...ってな訳で、相変わらずドラクエ三昧の日々なんでコレといったネタなんぞ無いのだけど、会社でちょっと話に出た事をちょいと書いてみようかと。

今の仕事は一人で黙々と進める事もあれば、誰かと組んで進める事もあるので、同僚の人達でも相性というモノがある。同年齢の人達でも会話が苦手な人もいれば、話好きもいるのでその時の雰囲気や気分で結構空気を読む事が多い。また老若男女問わずランダムに組まされるので、会話の内容にも注意が必要だったりするし。まあ、仕事が第一優先なんでそこまでシリアスに捉える必要もないけど(苦笑)。

入社時期が一緒だったメンツは全員仲が良いから問題ないし、そのままプライベートで遊びに行っても楽しめるので問題ないけど、やっぱ気を遣うのは年配の先輩方だ。気難しいというかそれまでの自分達のやり方を推し進めるのはいいけど、気まぐれであれこれ変えて指示してくる時もあるので、言われた方は堪ったモンじゃないだよねえ。
まあ、それでもオレ自身が殆どの同僚の人達とはコミュニケーションは取れてる方だと思うけど(思ってるだけかも知れないけど/笑)会話しない人はホントに会話しないし、毎日これで楽しいんだろうか?っていつも思ってしまう。まあ、人それぞれの気分があるだろうからオレが一々余計な事考えなくていいんだけど。

逆に年下の方達はそれほど気を遣う事は余りないかな。というのもオレの方が年配だし、向こうの方が気を遣ってる感じなのかも知れないけど(笑)オレの方からなるべく話掛ける様にしてるんで、年上だからって遠慮しないでくれというアプローチでもあるんだけど。特に入ったばかりの人なんて、知ってる人なんていないし仕事にも不安があるんだろうから、こっちがちゃんとコミュニケーション取らないと孤立するだけになっちゃうし。

数ヶ月前に派遣で入った三十路の男子のKサンとは、よく仕事を教える立場になってたんで何度も顔を合わせてるウチに他愛もない話で盛り上がれる仲になったんだけど、その彼が今日で契約終了の為お別れとなった(オレは今日休みなんで、昨日で終了)。
物覚えも良かったし、自ら率先して仕事をこなしてたんでこのままいなくなってしまうのはホントに勿体無いな...と思って、昨日の帰り際に挨拶がてら「もし次の仕事が退屈だったら、いつでも戻ってきてええんやで?」と話したら「それまでには絶対(オレが会社に)いて下さいよ?」と言われてしまった(笑)。
まあ、実際にKサンが戻ってくるかどうかは本人次第なんだけど、社員のウケも良かったし他の周り人達とも上手く付き合えてたから、ここではいい感じで仕事出来てたんじゃないかな?と。

会社側で引き抜きやっちゃうとちょっと問題になるんで公言出来ないらしいんだけど、本人の意思でまだまだ続けたいというなら問題ない訳だから、いずれ戻ってくれれば嬉しいんだけどね。何より、会社でゲーム話で盛り上がれるメンツがいるのはオレ自身楽しいし(笑)。

こういう人達の繋がりで仕事がやり易くなったり雰囲気が良くなるのは、結構理想的な話だとつくづく思う。前職ではこういう感覚はなかなか味わえなくて、理解してくれる人が周りに数人いても結局ツラい思いしか残らないんじゃ意味がなかったけど、周りが応援してそれに対して本人が応えるのは良いコミュニケーションだと思うんだよね。これを理解してるかしていないかで気分的にも随分違うモノだと思うんだけど。
PR
2017/08/17 (Thu) 未選択 Comment(0)






本日の1曲:SUMMER / NUCLEAR VALDEZ





ドラクエ11が楽しすぎてブログが書けません(言い訳)。気が付けば10日以上もほったらかしではないか!?

毎日飽きもせずにドラクエプレイに没頭するあまり、他の事を何もやってない事に気付いて、古くなった掃除機や壊れた電気ポットなどを市の清掃局に持って行ったり、休日にしか出来ない事をやってるつもりではいるけどやっぱ大した事はやってないんだよなあ(苦笑)。まあ、毎日暑いからバテてるのも原因なんだろうけど。

そんな毎日だけど、他の趣味である音楽や映画の方も最近は疎かになっており、音楽は通勤時や休憩時に聴いてるからそれほどでもないけど、映画に関しては先月観に行った「ジョン・ウィック・チャプター2」以来、とんとご無沙汰である。

観たいモノもあるにはあるのだけど、東京では上映されていても地元のシネコンでは上映されてなかったり、レンタル屋の方は最近THUTAYAの品揃えにはちょっと閉口気味。確かにNETFLIXやHU-LUみたいなオンラインで手軽に見られるモノが出てきてしまった以上、レンタルの未来は余り明るくないのは仕方ないけど、だからといって観たいモノが無いのは致命傷かと。

しかも準新作がえらく長い期間に設定されてたりするので、旧作扱いになる時にはその映画の存在すら忘れている事も多かったりするし、いざ旧作になっても肝心のソフトが無い状況も多々あるし。さっき久々にTHUTAYAへ行ってチェックしたら、観たかった「サウスポー」が置いてない。とっくに旧作になってると思ったらこれですよ...仕方ないんで、もう一つ観たかった「クリムゾン・ピーク」を借りてきたからまだ救われたけど。

で、この「クリムゾン・ピーク」。久々のギレルモ・デル・トロ作品って事で大変楽しみにしてたんだけど、実際観たら何か消化不良な感覚が残った。幽霊をテーマにしてるのは事前に知ってたんだけど、もっとサスペンス的なホラーものなのかな?と思ったら、ゴシック・ロマンスみたいな流れで期待してたのとは違うモノだった。



幽霊をテーマにしたのはこれまでにも「永遠のこどもたち」とか過去にもあったので、そーなるとそれ以上のモノを期待するのは当然なんだけど、残念ながら「永遠のこどもたち」の方が好きだな。ギレルモ・デル・トロ自身が知名度が上がったお陰で、当時よりもお金が掛かっていて美術など凄くゴージャスだしCGもバリバリ使ってるのに、肝心の内容がコレではちょっとなあ...

ま、単に自分の好みとはちょっと違うって事で、次の作品に期待ってトコかな。
でも、たまに映画をじっくり観ると気分が落ち着くというかゆったりした気分になれるのが良いなあ。ドラクエばっかプレイするんじゃなくて、こういう時間も少しづつ作らなければイカンねえ...

2017/08/13 (Sun) 未選択 Comment(0)






本日の1曲:ONE NIGHT IN BANGKOK / MURRAY HEAD





...って、そんなタイトルにしたところで実際に旅をする事なんて、今の生活ではまず不可能だってば(苦笑)。夜勤生活やってる時点で絶対に無理ってモンでしょう。
でも実際に旅行行ったのは何時以来だろう...ドライブも好きだから実際に遠出するのは苦にならないし、むしろ好きな方なんだけどなあ。以前働いてた会社で出張の為に大阪や、研修で和歌山行ったのが最も遠い場所だった気がするけど、それって旅行じゃないし(苦笑)。

ってな訳で、旅に行けないならそれなりの雰囲気を味わおう...って事で、前作から約5年のインタバル。オレ自身は”8”以降はプレイしてないので、実に13年振りの新作という事になったドラクエことドラゴンクエスト11を購入した。今回はいつもお世話になってるジョーシンのネットショップからの購入で、発売日にちゃんと届くか心配だったけど、これまたいつもお世話にクロネコヤマトのドライバーさんが気を利かせたのか、ちゃんと起きてる午後に配達してくれたお陰で仕事前の1時間プレイ出来て、仕事前に届かなかったら...という悶々とした気分も解消出来た(笑)。



TVゲームをプレイしてる方ならご存知の通り、ドラクエは社会現象にもなった程のモンスターソフトでもあるけど、ここ数作は色々と試行錯誤してたのか携帯ゲーム機のみでソフト販売だの、オンライン専用でソフト以外に課金が掛かるシステムだった為に全く興味が持てず買う気すらなかった。”9”の発売時、たまたまアキバに用事があって近くの公園を通ったら、そこにはDS持った人が約50人近くプレイしていて凄く異様な雰囲気だったのを覚えている。そもそも公園ってそういう場所だっけ?
それが今回は原点回帰だかとかでオンライン専用ではなく、携帯機と据え置き機の両方で販売するとの事で、最初はちょっと考えたんだけど久々にプレイしてみるか...という事で発売1週間前に予約したのだ。

で、実際にプレイした感想は、確かに「ドラクエをプレイしている」という感覚だった。前回プレイしたのがPS2の8だったから、今回のPS4では当然の如くグラフィックは凄く綺麗だし、変なシステムが入ってる訳でもないので違和感が余りない。鳥山明さんのキャラもすぎやまこういちさんの音楽も含めて「ああ、ドラクエやってるんだあ~」という気分が凄く感じるんだよね。何処ぞのRPGみたいにキャラが突然ホスト崩れみたいな風貌になったのとは訳が違うんだよねえ(苦笑)。

とりあえず今はレベル20まで上がってまだ序盤って感じ。ストーリーも今回は良い感じで「悪魔の子と呼ばれた~」という前説のお陰で、主人公のキャラ名は普段は実名使うんだけど(コレはドラクエの時のみ使用)今回はオジーと名付けた(笑)。
基本的に夏は自宅に引き篭もり状態なんだけど(たまにドライブ行く程度で)今年はコレのお陰で引き篭もりに拍車が掛かりそうだな。
2017/08/01 (Tue) 未選択 Comment(2)






本日の1曲:PIANO LESSONS / PORCUPINE TREE





今日は、ホントに久しぶりに地元のバンドのライブを観に行って来た。
ここにもサラエボ18絡みでちょこちょこ登場するtaroサン自身のバンド:ASTRAの初お目見えライブで、以前からお誘いを受けてたので約20年振りに地元のライブハウス:ハードロックハウスへ。

ハードロックハウスは、場所は凄く分かりやすいトコにあるのだけど、如何せん駐車場入るのに結構面倒な場所で、店舗の周りを3周してようやく入れた(苦笑)。20年くらい前に来た時はこんな感じだったっけな?と思ったけど。因みに前回来た時はコピーバンドのライブでジミヘンのコピバンや、クイーンのコピバン:KWEEN(解散しちゃったんだよなあ)観たんだっけな。

taroサンのライブは地元から離れた県南の街での公園ライブ(幾つものバンドが公園内にある施設の中でプレイする)で初めて拝見したのだけど、以前から話に聞いていたとおりギタープレイは凄く巧い!の一言で、オリジナル曲を次々とプレイしてる姿は場数を踏んでるだけあってさすがだなあ~との印象だった。

事ある毎にサラエボ18で色んな話で盛り上がっているので、その際にtaroサンが自作のデモをUSBに落としてくれて何度も色々と聴かせてもらってるのだけど、ハードロックという基本的な枠組みの中でも実に多彩なスタイルを提示しているので毎回楽しみにさせてもらっている。
その中でも異質な部類に入る、アコギを基本としたトラッドフォーク的なノリの楽曲「眠りの森」が結構お気に入りなんだけど、その曲のボーカルを務めているRIEサンにも今回初めてお会い出来た。唐突過ぎて驚いたんだけど、めそ子サンに紹介された時直ぐにピンと来て「是非ライブ演ってくださいよ」と、早速お願いしてきた(笑)。

ASTRAは2番手だったので、最初のバンドをまったりしながら聴いてたら、何気にこのバンドも上手かった。曲調としてはちょっと小洒落たAORっぽい雰囲気を持つ女性ボーカルもので、このテの音にしては随分バックの音がデカいなあと思ったけど、それはライブハウス特有のモノだからかな?

そしてASTRAの出番。デジカメ持ってきたんで前の方へ移動して聴いてたんだけど、何か音が変な感じで驚いた。ラウド過ぎるのもあったんだろうけど、バックの音が引っ込んでてボーカルだけが浮き上がってるので「???」ってな感じだったんだけど、2曲目から改善されたみたいでその後は問題なく十分楽しめた。スラッシュメタルっぽい曲や以前USBで聴かせてくれた「ASTRA」など、短い持ち時間でも色々なスタイル入れてあっと言う間に終わってしまったのは上手い構成だなあと。個人的には最後の2曲が気に入りましたね。



しかし、足でリズム取りながら写真撮るのはいただけないな...と反省(苦笑)。ウチに帰ってきて写真チェックしたら数枚ブレてたのは絶対にこのお陰かと。ブレ防止機能が付いてるデジカメでも限度があるという事か(笑)。ステージが狭いんで似た様なカットが多くなるのは仕方ないけど、もうちょっと上手く出来ないモノか...と、次回の課題としよう。

友人のライブだからって別にヨイショしてる訳でもないのだけど、ハードロック好きな人ならニヤリとさせる部分が多いのが面白いんですよ。特にギタリストだと弾きまくって自己満足に陥ってしまうバンドが多いけど、taroサンはその辺はきちんと理解していて歌をメインに持って来てるのは凄く聴き易いと改めて思ったな。

終了後に耳がキンキンしてたけど(苦笑)心地良い気分で帰路に着いた。taroサン、また是非ともライブ演ってくださいね~。出来ればアコギユニットの方も(笑)。
2017/07/24 (Mon) 未選択 Comment(4)






本日の1曲:SHALLOW / PORCUPINE TREE





夜勤生活になってから、当然の如く生活のサイクルが変わってしまった訳だけど、平日が休みだったりするので普通に平日の昼間にスーパーで買い物してると妙な違和感を感じたりする時がある。夜に出掛けるにも限られた場所にしか行けないし、それなら昼間に動いた方が...となるけど、同じ年代くらいの人だと数人すれ違うくらいで、後は年寄りや主婦が多いから違和感を感じる原因だったりするんで結構目立つんだよねえ。

オレ自身は目立ちたいとは全く思わないし、どちらかというと空気みたいな存在でいたい方なんだけど、会社の朝礼なんかの人が多い場所では周りの人達が話を振ってくるので、それに対応してると結構目立ってしまうのがちょっと難点だったりする(苦笑)。普通に対応してるだけなのに、話が盛り上がっちゃうと意外と目立つんだよねえ。
よく仕事場の人達には話すんだけど、ただでさえ夜中働いて皆大変なのに、少しでも楽しく仕事したいじゃない?ムードメイカーって訳でもないけど、バカ話でもして少しでもテンション上げれば気分も違うだろうし...って思うんだけど、オレの場合はちょっと度が過ぎるのだろうか?(笑)

何処かの議員がサッカーの親善試合に噛み付いてサポーターの炎上を買ったのがニュースになったり、女優が自分の近況を毎日SNSにアップして話題になってるけど、これらの話題がTVやネットで流れてると直ぐに消す様にしている。理由は単純「自分を見て見て!」の行為が正直ウザイからだ。

議員の方はそんな事よりももっと政治の方にきっちり力を入れてくれよと思うし、女優の方は私生活なんかに興味も湧かないし、それを必要以上に煽るマスコミもマジで気持ち悪いから。誰がそんな事に興味なんかあるの?って思うし、それをあんなに盛り上げる理由ももっと分からない。世間の感心も地に落ちたモノですね。

これって単に目立ちがり屋のノリじゃねーか?と。自己顕示欲が人よりも旺盛で、自分大好きなんだろうなあ。そーいや自撮りをする人の心境も結構近いモノがあるんじゃないか?と思ったりするけど。

ホント、こういう心理だけは絶対に分からないな~。最近の小学生の、大人になってなりたいモノの一位がユーチューバーって時点でお先真っ暗なイメージが...(笑)そんなに注目浴びたいの??
2017/07/18 (Tue) 未選択 Comment(2)
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]