忍者ブログ
このブログは、自分が思った事・感じた事をうだうだ書いている内容なので、興味の無い方には時間のムダです。他を当ってくださいませ。ありがとうございました。








本日の1曲:SHINE ON YOU CRAZY DIAMOND / PINK FLOYD 







最近はホントに身体の具合が悪かったので、自分の時間は殆ど寝て過ごすハメになってしまい、洗濯は当然やらなきゃいけないけど掃除は動く気力もなし、食事も辛うじて作ってる始末で実に大変だった。普通に起きてるだけでも疲労感がハンパないから、どーしても横になるしか楽になれないんだよね。
誰かが言ってたけど「人間は本当にダメな時は、ただただじっとしているのが一番良い。動物だってずっと動かない時があるだろ?」という言葉は、今ではホントに理解出来るわ。

だから、映画やブログやゲームなど趣味に講じる事なんて無理な話で、仮に手を付けても途中で寝てしまったり集中力がないから何も思いつかない...う~ん、殆ど廃人同然ではないか(苦笑)。
"身体が資本"という言葉がこれほど身に染みるのはホントに限界だったんだなあ...と改めて思った次第。休養前に会社の人達と食事に行って色々語ってきたけど、仕事に来てテンションが上がって仕事をこなしてるけど、その分のダメージは蓄積されて後で反動が来るのは誰しも同じみたいだ。ただオレの場合は度が過ぎたと(苦笑)。

そんな気分の中、久々にTHUTAYAへ行ってレンタルDVDを借りてきた。特に観たいモノがあった訳ではなかったんだけど、最近はホントに観てなかったんで何か心に響くモノを...とプラプラ物色してたら、宣伝文句に惹かれて観てみようか?と思ったのを借りてきた。

「ショート・ターム」という映画で、2013年公開。世界中で50の映画賞にノミネートされて30の映画賞を獲得し、アメリカの実名レビューサイトで史上最高の99%の満足度を記録したというモノらしい。



内容は、10代の子供達を対象にした短期保護施設を舞台にそれぞれの心の葛藤を浮き彫りにした話で、人の心の闇や傷をどうやったら癒してあげられるのか?、またケアする側自身の葛藤もどうやったら克服出来るのだろうか?という、人間が持つ”悩み”をテーマにしたモノ。
満足度99%というのは、それだけ共感出来る人達が多いという証なんだろうけど、これは鵜呑みにして期待しちゃうのはちょっと違う気がするけど、それでも十分過ぎるほど良い映画だと思う。

この映画での施設内の子供達は、心を閉ざしきってるから周りの人達にすら本音を語らない。でも周りの人が苦しんでたり辛い事があると寄り添って泣いたりサポートする意識があるのが心を打つ。
そしてそれをサポートする大人達も、子供達を助けたいと思っても自身の心の闇や傷に葛藤しているというジレンマが根底にあって、上手く物語に溶け込んでる。

これを観て、如何に本音で語る事が重要かという事を思い知らされた。
先日の会社の人達と食事に行った時にも思う存分本音で語ってきたけど、皆と会うのが最後だからという事もあるし、それ以前に本音で語る事が如何に大切かという事がオレの中に前提であるからだと思う。
本音を語って口論になったってオレは全然構わないし、むしろその方が健全じゃない?誰しも同じ感覚ではないだろうし。だから、オレの友人達はオレ自身が本音で語れる人達ばかりで固めてる訳で。

オレが会社辞める時に、幾らオレが本音で話しても全く理解しない人もいた。それがその人自身の本音なんだろうけど、人間誰しも絶対なんかじゃないし、本人がもう無理だと話してるのに「まだまだ若いから」とか「まだまだ大丈夫」とか絶対的な事を言うんだよね。さすがにこれは救い様がないと思ったわ(苦笑)。

この映画の宣伝コピーで「明けない夜はない」という言葉を使ってるけど、確かにそうだと思う。幾ら気分が惨めで辛くても、変わろうという意識を持ち続けていればそれだけで気分が全然違うと思う。
この今のオレの状況で観る事が出来た、ポジティブなメッセージを持った良い作品だったなあ...心が洗われたよ。
PR
2016/05/30 (Mon) 未選択 Comment(4)
Name
Title
Text Color
URL
Comment
Password
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

無題

この映画は知りませんでした、というかホラーばっかり見てると他の映画にわくわく感を感じないという・・・。
たまにはこういう感じの映画もいいですよね~。
体調が悪いみたいで大事にしてくださいね、確かにこういう時にホラーは見るもんではないんですが。

映画はここ最近見てないんでお勧めとかあります?。
某音楽馬鹿さん / 2016/06/04(Sat) / 編集

変わろうという意識

僕もそう思います。
変わろうという意識
これ、今の自分にとって凄く重要なことで、こうしたいとかこうするとか、自分の軸に常に抱いているようにしています。
体、本当にひどい状態ですよね。
朝起きてからの動きだしまでの話を聞いたときは、本当に驚愕で・・・
少しずつでも良いので、体の回復を願っています。
お大事にです。
ぜっきーさん / 2016/06/05(Sun) / 編集

最近のお薦め

体調気遣っていただき有難うございます。
10日くらい経ちましたけど、思ってたよりも長引きそうですね。背中の方は調子良い時とイマイチの時があって、仕事してる時と比べて全然動かしてないんで良くはなってると思います。
腰は気を抜くと”来る”んで、これは上手く付き合わないとダメですね。

映画は結構観てるんですが、疲れ果てて記憶に残ってないモノとかもあります(苦笑)。でもインパクトのあるモノはずっと覚えてるんで、当たり外れが多いという事なんでしょう。

勿論この「ショート・ターム」もお薦めですが、昨年このブログでも書いた「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」や「チョコレート・ドーナツ」はかなりお薦めですね。
オレも昔はホラー・オカルトばっか観てましたけど、最近のホラーはダメですね。まず怖くないのが致命傷かと!(笑)

最近は、こういうヒューマンドラマやサスペンス系に目が向いちゃってます。saraサンの影響でウディ・アレンの映画も観る様になったし、好みが変わってきたんでしょう、年齢と共に(爆)。
K.A.E.さん / 2016/06/05(Sun) / 編集

驚愕って(笑)

先日は乙でした。何かY氏同様、ぜっきーにも気を遣わせたみたいで(苦笑)。

まあ、普通に起きられないからこうやって起きてるだけなんだけどね。
でも、休んでると身体が少しずつ戻ってきてる気はするね。仕事してる時は身体を無理してでも会社行かなきゃいけなかったから気も張ってたし、今はそのプレッシャーがないからそれだけでも全然違うよ。

ただ、このまま何もしない訳にもいけないんで、色々とこれから先の事も考えて動かないとね。その辺も含めて先週職安で話聞いてたりして、頭の中には幾つかパターンがあるんだけど、実際に上手く行くかどうか分からないから本決まりになった時にでも詳しく書く事にするよ。お気遣い、ありがとね!
K.A.E.さん / 2016/06/05(Sun) / 編集
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]