忍者ブログ
このブログは、自分が思った事・感じた事をうだうだ書いている内容なので、興味の無い方には時間のムダです。他を当ってくださいませ。ありがとうございました。






本日の1曲:WEST END GIRLS / PET SHOP BOYS





余り他の人とは関わらない生活をしているとはいえ、必ずしも誰かとは会話したりしている訳だけど、その距離感についてちょっと考えたりする事がたまにある。

オレの場合は、会社では仲の良い人達とは毎日結構な割合で話してるけど、人数も多いお陰で顔見知りであっても全然会話すらしない人も大勢いる。勿論、仕事の内容でしか話しない人もいるから、この人がどんな生活を送ってるのか全く知らないし、興味も勿論ない。
プライベートでは家族や友人とは幾らでも話出来るし、他愛もない話で十分盛り上がれる訳だからこれに関してはは何も問題ないし、距離感も十分だと思っている。

今の会社や以前の会社で機械のオペレーターをやってた時は、それこそ一人で全部こなさなきゃいけないので、自然と無口になってしまうし、殆ど1日口を開かない時も多々あった。
その以前の会社の時、当時のオレの直属の上司(偶然にもオレと同じ苗字で、珍しい名前なので正直驚いた)にこう言われた事があった。「少し他の人達と会話する様に」と。

当時の仕事は暗室作業だったんで、一人で暗室入って黙々と仕事をこなさなきゃいけないから、当然誰とも口を聞く事もないんだけど、社内の友人達はたまに暗室に来てくれて10分くらい世間話してたりと、気を遣ってくれてホントに息抜きになった。まあ、中にはそれを気に入らない人もいて、結構挑発された事もあったけど、それはオレに対する嫉妬だろう...って事で相手にもしなかったけど(笑)。だから、たまに暗室から出てきて自分の用事済ませたらとっとと暗室に戻るオレが異質に見えたんだろうなあ。

でもよくよく考えたら、それは単に性格が合わないからだけの事であって、女性好きの上司のトコ行って話の腰を折る様な真似はしたくないし、いきなり的違いの会話で困惑したくもないし。こっちはこっちでその人との距離感を考えてた訳だけど、その真意が伝わらなかっただけの事なんじゃないかなあ。
そういう人達ってやっぱり自己顕示欲が強いのか、部下から慕われたいと思ってるのかなんだろうけど、自分に魅力が無ければ誰も付いてきませんよと(苦笑)。自分は面白い、自分は異性にモテる...とかナルシストにも程があると思うけど(笑)必ずしも他の人達がそう思ってるとは限らない訳でしょ?他人に強要してどーすると??

今の仕事はオペレーターからハズれてるのでそこそこ人と話す機会があるのだけど、それが実に様々で、冗談すら通じない勢いで直ぐ怒鳴るヤツとか、逆にめちゃくちゃ人当たりの良い人がいて、その人なりの距離感というモノが存在する。
大体オレと話の合う人は、オレ自身もそうだけど別の仕事からやってきた人達の方が経験豊富という事もあってしっくり来る。逆に最初っからこの仕事だけの人達ってのは意識が凝り固まっているからイレギュラーを絶対に認めない(笑)。人との付き合い方も明らかに後者は保守的だし。

それまでそんなに仲が良かった訳じゃないけど、会社でちょこっと世間話する人に「ただでさえこんな退屈な会社なんだから、下らない事でもゲラゲラ笑って過ごせる方が楽しいじゃん?」と話したら、その人とは毎日下らない事言い合って過ごす様になってしまったりして(笑)距離感が少し縮まった様で実に良い傾向かと。だって、おっさん2人が揃って「おはようなっしー!」ってふなっしーのマネして挨拶してるのは、下らないにも程があるってモンでしょ?(笑)

まあ、人との距離感を縮めるも伸ばすも自分次第ではあるけど、やっぱ波長の合う人とは距離が近い方が楽しいって事ですな。
PR
2015/10/17 (Sat) 未選択 Comment(4)
Name
Title
Text Color
URL
Comment
Password
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

無題

ペットショップボーイズ、久々に聴きました、CD引っ張り出してまた聴こうかなって思ってみたりします。

それにしても人間関係、大変そうですね〜、私は上司には恵まれてたというか、そんなに険悪になった事ないんであんまりピンとこないです、顧客とか取引先では結構イラッと来る人居たけど、それは仕事終わればそこまでの付き合いなんで、これが年中顔合わせる上司だと大変そうですね、くれぐれもキレないように良い音楽聴いてリフレッシュしてくださいね〜。

某音楽馬鹿さん / 2015/10/17(Sat) / 編集

こんばんわなっしー

距離感・・・
僕にとってはかなりの問題ワードだったし
今もよく考えます。
会社で、普通朝会ったら
「おはよう」「おはようございます」
これができないというより
挨拶してほしくないオーラを出してる人たちがいる。
これを距離感と言ったらちょっと違うかもしれないけど、僕は距離感だとも捉えて生活しています。
更に、女の子が多いんで
誰々といるときは大丈夫で、誰々といるときは駄目。
わかってよーみたいな空気を発してるんで(苦笑)それも距離感の一種だと思ってわりきってます。
というより、ほぼ関わらないように距離を保っています。
僕もおはようなっしーとか言って、朝の挨拶がしたいです。
僕の場合だったら、声も出してくれないでうなずいて素通りされて終わりですから。
・・・
おはようなっしー(涙)
ぜっきーさん / 2015/10/18(Sun) / 編集

対人関係

何度もこのブログで取り上げてる話題ではあるけど、オレの場合はちょっと合わない人の割合が高めの様な気がします(苦笑)。
人との距離感って、誰でも近ければ良いという訳ではないですが、一番理想的なのはお互いを尊重して信頼する事なんじゃないですかね?

だから体育会系のノリは全くダメです。年上だから偉い...って何でそうなる?って考えなんで(笑)。逆に自分が年下に接する時は、偉い訳でもないんで普通に接してもらった方がラクで良いですね。例えば、ぜっきーはオレよりも10歳年下ですが、オレは友人の一人だと思って接してますよ。先輩って柄でもないし(笑)。
なので、年下でも最初は基本敬語で接してるんですよ。仲良くなってからは”なあなあ”ですね。それが距離感を縮めるには最適なんじゃないかと。

PSB、オレ的にはやっぱ初期なんですよね~。この曲、最初に聴いた時は結構鳥肌モンでした。イギリスっぽい雰囲気が堪らないんですよ。売れて当然だなと。


K.A.E.さん / 2015/10/18(Sun) / 編集

おつかれなっしー!(カン高い声で)

ぜっきーの言ってる事は十分距離感でしょ。本編でオレの言ってる事とほぼ被ってるね。

会社の人達が全てじゃないんだし、自分は自分...で割り切るのが一番良い方法だと思うんだよ。で、自分と波長の合う人達だけを相手にしてれば良いと。そういう人達の距離感を縮めて楽しめれば良いじゃない。

でも、オレとぜっきーの決定的な違いは、ぜっきーは何とかして皆をまとめようとしている事。オレは絶対にまとめようなんて考えないし(笑)。
ぜっきーは基本優しいから、挨拶の事だけでも色々考えちゃうけど、オレはシカトされたらもうそいつとは絶対に挨拶しないと決めてるし、世間話なんてもってのほか。
生きてる世界が違うんだな。そんな奴らとは距離感なんか絶対に縮まらないし、向こうもそうは思ってないんだろうよ。

だから、Y氏と3人でメシ食いに行ってバカ話してるのがホント楽しいんだよ。それで十分じゃないかな?
K.A.E.さん / 2015/10/18(Sun) / 編集
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]